今や回転寿司といえども、まずいという印象が一切なくなりました。

食文化が発達した日本社会で回転寿司店として活躍するためには、安くてうまい寿司を出し続けなければすぐに倒産してしまいます。

今回はその中でも特にレベルの高い金沢の回転寿司店5店を紹介します。

今回の記事は、地元金沢人が大好きな回転寿司屋さんをご紹介します。

金沢の独特な回転寿司のルールもご紹介しますので、観光で金沢に来る方はルールを覚えてお寿司をお楽しみ下さい。


※金沢のホテルを探すには楽天トラベルがいいですよ。ホテルが予約でいっぱいの日でも見つけることができるそうです。


※関連記事

【永久保存版】地元金沢人おすすめ!本当のゆったり観光旅行教えちゃいます。

金沢市近江町市場のオススメ海鮮丼!感動ランキング5選

スポンサーリンク


金沢の回転寿司店!独特のルール

金沢の回転寿司店の独特のルールは、回っているお寿司を食べないと言うことです。

金沢では回っているお寿司を食べるのではなく、自分でメニューから注文して食べることがほとんどです。


回っているお寿司は握られてから時間が経過していますので、おいしくないことを金沢の人は知っていて、回っているお寿司と同じメニューを注文して食べています。笑

別に回っているお寿司を食べてはいけないわけではありませんが、回転寿司屋の職人さんもわかっているので、オーダーして食べても全く嫌な顔をされませんよ。


僕たち家族も回転寿司屋に行ったら、回っているお寿司は1つも食べずに、全て注文してお寿司を握ってもらっています。

にぎりたてのお寿司はご飯も暖かいので特においしいですよ。

金沢の回転寿司屋に行った時は、回っているお寿司は食べずに、全て注文して食べてみてください。


金沢人が選ぶ!人気回転寿司ランキング5選

ランキング1位 金沢まいもん寿司

公式サイト 金沢まいもん寿司


金沢まいもん寿司は金沢発祥の回転寿司店でありながら、全国に9店舗あります。

一つ一つの店構えが館のような面構えで、江戸時代にタイムスリップしたかのような感覚を味わえます。


鮮魚の仕入れは1日2回行っています。

朝と夜に漁港から直送される魚や、バイヤーが買い付けた魚が店に運ばれて回転寿司としてお客さんに提供されます。


金沢まいもん寿司では七尾港や氷見港、金沢港といった複数の港にバイヤーが通い、独自ルートで各店舗へ配達されます。

首都圏に存在する店でも新鮮な魚が楽しめるように、いち早く届く交通網がしっかり根付いています。


特に氷見港は富山湾に存在するので、そこまで行ってまでしてでも、お客さんの喜ぶ顔が見たい気持ちの表れでもあります。

通常の寿司店の場合、多くても2つまでの港です。


これ以上多いと費用対効果が悪いです。

ましてや金沢港が近くにあるのに、隣の県の港まで行くことは早々ありません。


新鮮な魚の中でもさらに新鮮な魚として、金沢港で水揚げされたものが挙げられます。

金沢市に数店舗ある金沢まいもん寿司店では、全国の同社店舗の中でもさらに美味しい魚が食べられると言っても過言ではありません。


港に直接行かずとも市場に集まる魚を購入することで、お客さんがかなり入ってもその注文を、余裕を持って裁けるだけの準備が出来ているのです。

毎朝仕入れ担当が厳しいチェックをしながら品定めをします。


複数の目でチェックすることで、より信頼できる魚を得やすいのです。

金沢まいもん寿司は寿司を美味しく楽しめるように、調味料やサイドメニューに拘っています。


醤油にはこだわり醤油として、当店がオリジナル商品で売っている物を使用しています。

複数の醤油を用意している同業他社店舗と比べて、1種類しか置いていませんが、これが最も寿司に合う醤油であるからこそ、自信を持ってお客さんに提供している気持ちの表れと言えます。


また、ポン酢にもこだわりがあります。

まいもんポン酢として好評を博しています。


汁物には海苔汁です。

かなり高いですが、本格的な海苔の香りが終始漂う味わい深い一品です。


金沢まいもん寿司でも特におすすめのネタはノドグロです。

白身の大様と言われるほどのとろける味が楽しめます。


柔らかくて脂が適度にのっている、天然のノドグロにポン酢を少しかけて食べると絶品です。

他にも選りすぐりのネタを揃えており、ますます全国に出店攻勢しそうな勢いです。

※金沢まいもん寿司の口コミは食べログをご覧ください


ランキング2位 まわる寿し もりもり寿し


次に紹介するのはまわる寿しもりもり寿しです。

金沢市を中心として石川県を席巻する回転寿司店です。


石川県以外関東、関西を含めて全国に17店舗あります。

店の規模は小さいですが、ネタのレベルの高さはかなりのものがあります。


寿司の味はもとよりお客さんを楽しませることを第一に置いているので、金沢駅前店では回転寿司として注文した商品は新幹線が運んでくれます。

小さな子供を連れた親子連れでも、何時間でも居られる優しい店舗作りに力を入れています。


また、金沢駅前店では店の前に端末機器が置かれており、そこで予約状況や待ち時間を確認できます。

店の中に入って店員に聞く手間が省けるので、これもお客さんに優しい作りになっています。


おすすめのネタとしては、ノドグロです。

ランキング1位に引けを取らないほど美味しいノドグロが楽しめます。


漆黒のさらに運ばれるノドグロは軽く包丁を入れることで、口の中に味が広がりやすいようになっています。

また、北陸えび三点盛りもおすすめのネタです。


一見甘エビが三つ並んでいるように見えますが、よく見ると甘エビ、ガスエビ、富山産白エビと異なる種類のエビが3種類堪能できます。

ガスエビに関しては、日本海に近い北陸圏でしか鮮度を保ちながら食べられない貴重な食材です。


見た目は緑がかっていますが、甘エビよりも甘みがあり美味しいとの評判です。

香箱がに軍艦もおすすめの一品です。


北陸地方で捕れるズワイガニの別名が香箱がにです。

外子と味噌の部分の内子が絶品です。


一般的なズワイガニと比べて姿が小ぶりながら、身がぎっしり詰まっているので、食べ応えがあります。

とても回転寿司テントは思えないくらいのクオリティの高さです。


ほたるいかの三点盛りも忘れてはいけません。

刺身、沖付け、黒造りと他では味わえないネタが楽しめるのが、まわる寿しもりもり寿しの特徴です。


三点盛りは値段の割に内容があるので、お金がないときは三点盛りを優先的に頼んでお腹を満たすのもまた良いでしょう。

富山湾で採れるバイ貝も惜しげもなく回っています。


一皿に3つ乗っている物を見かけたら迷わず手に取りましょう。

身が大きくかみ応えがあります。


店に一度には入れるお客さんの数がそれほどないのが玉に瑕ですが、回転寿司点は総じて回転率が高いので、お腹を過度に減らさず余裕を持って行けば大丈夫です。

※もりもり寿しの口コミは食べログをご覧ください


ランキング3位 すし食いねぇ!

公式サイト すし食いねぇ!


続いて紹介するのはすし食いねぇ!です。

この店の特徴はネタを提供する際に用いる水に、電解水をつかっているのが特徴です。


強アルカリ性電解水と強酸性電解水の2つを使い分けています。

前者は優れた洗浄効果がある一方で、後者は殺菌作用があるので食中毒や感染症を防ぎます。


回転寿司を楽しんでもらうのはもちろんのこと、その後また来たいと思える店舗運営を心がけています。

回転寿司を楽しんでも、時間をおいて腹が痛くなってしまっては意味がありません。


少しでも食中毒などになる危険性をあらかじめ排除した電解水の使用になります。

通常の消毒薬のように鼻につく臭いでないので、調理錠や店内でも安心して使用しています。


環境にも優しい店舗運営を心がけており、店内で用いる割り箸は石川県の天然杉を原材料としています。

国産材を使用することで森林環境整備荷役だっています。


少々値は張りますが、広い意味での社会貢献を目指している回転寿司点だからこそなせるわざと言えます。

ネタの紹介に入る前に忘れてはいけないのが引き立て役となる米です。


すし食いねぇ!では一からシャリを作っています。

既設やその日の天気および気温によって異なるシャリを仕上げています。


ネタと一緒に合う物をその都度手作業で仕上げているので、ベテランの職人がなせるわざと言えます。

タッチパネルを導入しているので、面と向かって店員と話しづらいお客さんでも安心して注文が出来ます。


自分の好きなときに好きな物を注文できるので、リラックスした状態で回転寿司を堪能できます。

カウンターやテーブル、小上がりなどお客さんの人数とバリエーションに併せてバラエティ豊かな席を用意していますので、いつ来ても新鮮な気持ちになります。


いち早く新鮮なネタを届けられるよう、新幹線と呼ばれる酵素クレーンを導入しているのもこの店の特徴です。

さて、お待ちかねのネタですが、氷見港で採られた新鮮な魚を氷水につけて沖締めした状態で運びます。


その仕事ぶりは魚にキズ一つ付かないほどのレベルの高さです。

港から遠い場所に位置する店舗でも新鮮なネタを届けられるよう、保冷車を全店舗に導入しているので、ほぼ鮮度が変わらない状態でお客さんの口に届けられます。


おすすめのネタは季節ごとに出る厳選したネタです。

いわばこの店のおすすめなので、それを中心に食べすすめればたちまちリピーターになります。

※すし食いねぇ!の口コミは食べログをご覧ください


ランキング4位 近江町市場寿し

公式サイト 近江町市場寿し


金沢市で人気が沸騰している回転寿司店が、近江町市場寿しです。

回らない回転寿司店とも呼ばれており、よほどの混雑時でない限りは敢えてネタを回しません。


これは少しでも新鮮で美味しい寿司をお客さんに食べて欲しいという作り手の心意気です。

近江町市場で深夜1時から行われるセリに参加して、かなりの新鮮さを保った魚を仕入れています。


バイヤーが血眼になって探す手間が省けるので、その分集中して魚を見分けられます。

ネタは板前がお客さんの目の前で捌くのでそのパフォーマンスを楽しめます。


米には石川県産のコシヒカリをベースに見せ独自のブレンドを使っています。

香りやつやに拘っており、かめばかむほどうまみが凝縮したシャリです。


この店の特徴として海鮮丼に力を入れて販売しています。

安い物でも1500円程度するので一見高く見えますが、海鮮丼に載っているネタはバラエティ豊かで、ボリューム感があります。


その日に板前がおすすめするネタを中心に載せてくれるので、どのネタを口の中に入れてもおいしさが持続する丼物になっています。

ネタが載っている皿に色や模様が施されているので、間違えて高い物を注文する恐れがありません。


家族で訪れても財布の紐と相談しながら食べるものを決められるので、お会計時に安心出来ます。

近江町市場寿しとしては2店舗しかなくどちらも金沢市なので、全国的には知名度はまだまだありませんが、遠く離れたメディアがテレビで取り上げるほどの人気が金沢市であります。


席数も広くなく満員となりますが、作り手がお客さんに少しでも美味しいものを食べてもらおうと、試行錯誤した結果このようなスタイルに落ち着きました。

2店舗しかなく、どちらも金沢市内なので、新鮮さは変わりません。


類似他店だと店によってネタの善し悪しに開きが出るのが通常ですが、近江町市場寿しではどちらの店も港に近いところに位置しているので、水揚げされた魚をいち早く店内に届けることが出来ます。

おすすめのメニューですが、3000円と高めの大名丼は天下一品です。


自分へのご褒美として注文するのが良いでしょう。

10種類を超えるネタが所狭しと並んでおり、食べ応えがあります。


また、近江町市場寿しのノドグロはとろけるような味わいです。

シャリを覆うくらいの大きいノドグロを握ってくれるので食べ応えがあります。

※近江町市場寿しの口コミは食べログをご覧ください


ランキング5位 かいてん寿し 大倉

公式サイト かいてん寿し 大倉


昔ながらの回転寿司を堪能したいのであれば、かいてん寿し大倉に行きましょう。

店舗は一店舗しかなく、席数も回転寿司店としては少ないですが、下堤町で不動の人気を誇っています。


注意点に挙げられるのは営業時間が短い事を念頭に置きましょう。

40年もの歴史があり、対象自ら仕入れに出向いているので、ネタの鮮度のレベルの高さは他の人気回転寿司店と全く引けを取りません。


店長が出向いて寝たら日をするので、その分どうしても営業時間が短くなってしまいます。

本物の回転寿司を堪能したい人におすすめの店と言えます。


回転寿司以外での注文の仕方として注文票を書いてもらいます。

おすすめボードを参考にその日のネタを記入するスタイルです。


所狭しとボードに書かれているネタのかずは優に30を超えるので、出来れば携帯で写真を撮って拡大して注文票に記入するのが良いでしょう。

狭い店内で一斉にボードを見ようとするとすぐに一杯になってしまいます。


ネタが載っている皿は値段に応じて色分けされているので、お会計の時に計算する手間が省けます。

この店の特徴としてサイドメニューが安いと言うことです。

特にアサリの味噌汁は200円未満と安いですが、40年の歴史が紡いだ奥ゆかしいおいしさになっています。


ネタのおすすめは五貫盛りです。

毎日その日ごとに新鮮な魚が変わるので、メニュー表で対象のおすすめのネタを確認して注文するのが一番ですが、たいていの場合はマグロ五種盛りがおすすめに入ってきます。


どれを食べても美味しいですが、特にネギトロは絶品で、市販で売られている物と雲泥の差があります。

一目見ただけでつやつやしており、わさびや醤油をつけずともおいしさが口の中いっぱいに広がります。


ネギトロ特有のどろっとした味がほのかなシャリの香りと共に絶妙な味を醸し出します。

最もお得感があるネタは軍艦三種です。

ウニ、ネギトロ、いくらが所狭しと並んでいます。


どれも類似他店回転寿司店で食べると併記で800円を超える代物ですが、かいてん寿し大倉ではわずか480円で食べられます。

ここに対象の心意気が見て取れます。


利益だけを追求していては、回転寿司店の競争率が激しい金沢市で、生きていくことが出来ません。

高いネタと安いネタのバランスで成り立っている店なので、40年もの間人気回転寿司店としてやってこられたのです。

※かいてん寿し 大倉の口コミは食べログをご覧ください


金沢の寿司ネタ!旬を季節ごとに紹介

最後に金沢の回転寿司で食べていただきたい、季節ごとの旬のネタをご紹介しておきます。


・春(3月から5月)

    紅ズワイガニ

    スルメイカ

    スズキ

    桜鯛

    アジ

    サヨリ

    ホタルイカ

    メバル

    アマダイ

    白ガス海老

    トリ貝

・夏(6月から8月)

    アジ

    キス

    コチ

    キジハタ

    ソイ

    トビウオ

・秋(9月から11月)

    カマス

    ブリ

    ヒラメ

    甘エビ

    ハタハタ

    ズワイガニ

    香箱蟹

    アカイカ

・冬(12月から2月)

    タラ

    サバ

    ズワイガニ

    香箱蟹

    ブリ

    ヒラメノドグロ

    アマダイ

    タチウオ

    ヤリイカ

このほかにも富山湾や七尾港から旬の魚が送られてきます。ぜひ参考においしいお寿司を食べてみて下さい。


まとめ

今回紹介した5つの人気回転寿司店は、どれも人気が高く味はもとよりお客さんがまた来たいなと思える店舗運営をしています。

石川県金沢市に訪れたら是非とも、回転寿司店をはしごしてもらいたいくらいのレベルの高さです。

スポンサーリンク

※関連記事

金沢おでん人気ランキング7選!オススメ具も紹介

金沢市の近江町市場で朝食が食べれる人気のお店5選を紹介

金沢市美容室4cmのヘッドスパは超?気持ちイイ!

金沢市で人気の洋食屋さん自由軒!オススメのメニュー7つ紹介

地元金沢人が選ぶ!駅前でオススメの人気居酒屋ランキング21選

The following two tabs change content below.

金沢のケンちゃん

金沢で生まれ育った36才の男性、ケンちゃんです。 小学生と中学生の女の子を育てながらおいしいものを食べ歩くのが趣味です。 今年は金沢マラソンにもチャレンジしますので、今はマラソンのトレーニング中です。 金沢の美味しいお店なら地元の情報誌よりも詳しいので、ぜひご期待くださいね。